トップページ > ロニテン

ロニテンは、1日1錠飲むだけで薄毛を改善できる飲む育毛剤です。

ロニテン

ロニテンは、ロゲインと同じ製薬会社が開発した飲むタイプのミノキシジル育毛剤です。

もとは高血圧治療薬として開発された医薬品ですが、有効成分ミノキシジルに多毛症の副作用が確認されたことから、育毛剤としても愛用されるようになりました。

頭部に塗るタイプのロゲインに比べ、直接成分を内服することから、発毛効果や即効性が高いところが大きな特徴となっています。

また、錠剤を飲むだけなので、毎回頭皮マッサージする必要もなく、時間のない方でも手軽に薄毛を治療することができます。

抜群の成分吸収力

外用薬であるロゲインは、成分を皮膚から浸透させるタイプなので、体内への成分吸収率が低く、生え際にはあまり効果を発揮できないところが難点でした。

その点、ロニテンは成分を経口服用するので、体内吸収力が高いところが特徴。

頭部だけでなく、全身の血行を改善できるので、毛根への栄養・酸素の供給率を一気に向上することができます。

ちなみに、ロニテンには5mgタイプと10mgタイプの2種類があり、生え際の後退が進行している方は10mgタイプの使用がおすすめです。

副作用のリスクについて

ロニテンは強力な発毛効果を発揮するぶん、副作用のリスクが若干高い傾向にあります。

主な症状としては、全身の発汗やほてりの他、頭髪以外の体毛が濃くなる多毛症になるケースが報告されています。

ほとんどの症状は軽症ですが、もともと血圧が低い方や、高血圧治療薬を服用している方が使用すると、血圧が下がりすぎるおそれがあるので注意が必要です。

そのため、ロニテンを服用する際は、専門医を受診し、内服可能かどうか診断を仰ぐようにしましょう。

ロニテン

ロニテンの口コミ

 

(30代/男性) 

体毛(特に指の毛)が濃くなる副作用は感じますが、そのぶん頭の方にも効き目があらわれています。他の育毛剤では効果がなかったので、このくらいの副作用で薄毛が改善するなら我慢できます。

 
 

(20代/男性) 

飲み始めて3ヶ月経ちますが、生え際のあたりに産毛が生えてきました。髪の太さもしっかりしてきて髪の密度が高くなったように思います。そのぶん鼻毛やまつげ、ヒゲなども濃くなりましたが、その他の副作用はまったくありませんでした。

 
ロニテン ⇒ロニテンの公式サイト