トップページ > 発毛

生え際の薄毛解消はDHT抑制だけでは不十分

DHTは生え際の薄毛の主原因ではありますが、DHTを抑制するだけでは生え際の薄毛を解消することはできません

DHTは抜け毛因子のひとつなので、抑制すれば抜け毛自体を食い止めることはできますが、抜け毛予防=発毛促進にはならないからです。

抜け毛を予防し、現状を維持したいという方にはDHT抑制だけで十分ですが、すでにDHTによる薄毛症状が進行している場合は、DHTの抑制とともに、毛髪の成長因子を誘導し、毛髪自体の成長を促進させる必要があります。

成長因子を誘導し、生え際の薄毛を改善

毛髪の成長因子を誘導する成分はいくつかありますが、中でも代表的な成分は医薬成分の『ミノキシジル』をはじめ、『ブドウ種子エキス』や『酸化亜鉛』などが挙げられます。

ミノキシジルは外用タイプの発毛剤『ロゲイン』や『リアップ』などの主成分で、塗布した部分の血管を拡張し、頭皮の血行を促進する働きがあります。

毛根は血中から酸素や栄養素を補給しているため、血行促進は毛根活性化につながり、毛髪の成長を高めることができます。

実際、DHT抑制効果のあるプロペシアとロゲインを併用している方はひじょうに多く、大多数の方が確かな相乗効果を実感しています。

他にも、頭皮の老化を防ぐ抗酸化作用を持つブドウ種子エキスや、毛穴つまりを解消する酸化亜鉛が、頭皮の育毛環境を整え、発毛しやすい土壌(頭皮)を育ててくれます。

ただし、生え際への最高の効果を期待するならば、海外の高濃度ミノキシジル『ザンドロックス』や、飲むミノキシジルである『ミノキシジルタブレット』あたりを併用していくと、より確実な生え際への効果が期待できますが、残念ながらいずれも副作用が強いため、ミノキシジル初心者の方にはおすすめできません。

まずは国内の安全な『M-1』や発毛実績で名高い『Hatto』などを使用していくのをおすすめします。と同時に、低濃度のミノキシジルであるロゲインかポラリスあたりを併用していくとよいでしょう。