トップページ > DHT

生え際の薄毛はDHTが原因

DHTとは、AGA(男性型脱毛症)の最大要因とされる男性ホルモン『ジヒドロテストステロン』のことです。

DHTの血中濃度が高まると、AGAによる薄毛症状が進行し、抜け毛の速度もアップする傾向にあります。

同じ頭部でもDHTの影響度は異なっており、比較的影響を受けにくい後頭部は薄毛になりにくいのですが、最も影響を受けやすい前頭部の生え際は、抜けやすく生えにくい部位となっています。

生え際が後退するタイプの薄毛は『M字型』と言われており、数ある薄毛症状の中でも、最も改善しにくい難症状として認識されています。

DHT抑制で生え際を復活!

後退した生え際を復活させるためには、主原因であるDHTを抑制することが大切です。

DHTは男性ホルモン『テストステロン』と還元酵素『5α-リダクターゼ』が結合することで発生するため、生え際の復活には5α-リダクターゼの働きを抑制するフィナステリドノコギリヤシなどの成分が多用されています。

ただ、前述の通り、生え際の薄毛は頭頂部の薄毛に比べて改善しにくいので、外用薬と内服薬のどちらか片方ではなく、両方を併用し、相乗効果を得ることが生え際復活の近道となります。

たとえば、フィナステリド含有の経口薬『プロペシア』と、ミノキシジル含有の外用薬『ロゲイン』を同時に使用すれば、DHTによる抜け毛を防ぎながら、薄毛部分からの発毛を期待することができます。

国内の育毛剤ならば、飲む発毛剤である『Hatto』と、完全無添加の最強育毛剤『M-1』の併用が最もおすすめです。

ノコギリヤシならスカルプDの姉妹品である『5α-R』や『サントリーのノコギリヤシ』などが副作用もなく効果的です。