トップページ > プロペシア

プロペシアは、1日1錠の服用で抜け毛を予防できる飲む育毛剤です。

プロペシア

プロペシアは、世界60ヶ国以上で多くの人に愛用されている最もポピュラーな育毛剤です。

AGA(男性型脱毛症)の主原因である男性ホルモンを抑える『フィナステリド』を配合しており、効率良く抜け毛を予防できるところが特徴。

FDA(アメリカ食品医薬品局)の正式な承認を受けているほか、日本でも厚生労働省の認可を受け、2005年12月に医療機関向けに販売されています。

1日1錠飲むだけなのでケア方法もお手軽ですが、用法・用量を守らずに乱用した場合、副作用のリスクが高まりますので注意が必要です。

AGAの抜け毛を予防

プロペシアの最大の特徴は、AGAの最大リスク『DHT(ジヒドロテストステロン)』の活性化を防げるところです。

DHTは男性ホルモン『テストステロン』が還元酵素『5α-リダクターゼ』のはたらきによって変化したもので、生産量が多くなるほど抜け毛や細毛などのトラブルが起こりやすくなります。

プロペシアに含まれるフィナステリドには5α-リダクターゼを阻害する作用があり、抜け毛リスクを未然に食い止めることができます。

プロペシアの効果は国内外の臨床試験で証明されており、脱毛患者の98%に3年間の抜け毛予防効果が認められたほか、3年間の継続使用で78%の患者が増毛したと報告されています。

ミノキシジルとの併用効果

プロペシアは単体でも優れた効果を発揮する育毛剤ですが、『ロゲイン』などのミノキシジル系育毛剤と併用すると相乗効果を発揮することが明らかになっています。

ミノキシジルは血管拡張剤の一種で、頭部に塗るか、あるいは錠剤として内服すると頭皮の血行が改善され、薄毛部分からの発毛を期待することができます。

そのため、プロペシアとミノキシジルを併用すると、抜け毛を予防しながら発毛を促進することが可能となり、一石二鳥の効果を実感できます。

ちなみに、ミノキシジルは単体使用の場合、生え際の薄毛に対してあまり効果を発揮できませんが、フィナステリドは生え際にも有効であるため、M字型薄毛の改善にも役立ちます。

プロペシア

プロペシアの口コミ

 

(30代/男性) 

以前は後頭部がかなり薄くなっていて悩んでいましたが、プロペシアを半年ほど飲んだら気にならないほど回復しました。毎日飲み続けないと効果がなくなりますが、自分の場合、副作用の症状もないので問題なく続けられています。

 
 

(30代/男性) 

服用して3ヶ月目くらいまでは何の変化もなく、がっかりしていたのですが、原則として最低でも半年続けるということなので、がんばって半年続けてみようと思いました。すると、4ヶ月目あたりか抜け毛が減り始め、半年経つ頃にはブラッシングしても髪が抜けなくなりました。値段はやはり高いですが、まとめ買いすると大幅に安くなるので毎回大量注文しています。

 
プロペシア ⇒プロペシアの販売サイト